このページの本文へ移動

4月23日(土)第9回氷川図書館美術史講座~ベルギー王立美術館公認解説者が語る美術史~「社会リアリズムの巨匠クールベ」にお越しいただきありがとうございました。

講師には、今回も美術史家の森耕治先生をお迎えしました。

森先生は日本人初のベルギー王立美術館公認解説者として、欧州と日本を行き来しながら、幅広くご活躍されています。

今回の講座はクールベの作品について語っていただきました。

参加者のアンケートを一部ご紹介します。

・画集の解説では得られなかったクールベの主義・思想を知ることができた。

・初めて聞く話ばかりでした。クールベの作品を彼の四期にわけて取り上げてもらったので、よくわかった。

・NHKの日曜美術館など、画家をとり上げる番組が好きでよく観ています。クールベについてはあまりそういった番組でも紹介されることは少ない(私は見たことがない)と思い、今回参加しました。知らないことばかりで、興味深かったです。GWに山梨県立美術館でクールベの絵を観る(展示されていれば)ので、今日のことを思い出しながら観ようと思います。

たくさんの皆様のご参加ありがとうございました!