このページの本文へ移動

先日は商店街講座「カフェのはじめ方」にご参加いただき、ありがとうございました。

大山のカフェ「8月のライオン」オーナー今野輝子さんを講師にお迎えして、開業までの道のりと、開業に必要だったモノ・コト、心構えなどをじっくり語っていただきました。

18時開催という遅い時間にもかかわらず、たくさんの方々がお越しくださいました。

脱サラしてゼロからカフェ・オーナーを目指された今野さんの口から率直に語られる開業のリアル。お店をきりもりするなかでふと訪れる幸せな瞬間を表した「カフェの神様が降りてきた」という言葉が印象的でした。

閉講後は今野さんを囲む輪ができました。

カフェに関する展示資料も熱心に手に取っていただきました。

アンケートの声を一部ご紹介します。

○わかりやすい説明、講師の方の人柄など楽しめました。カフェの神様、ぼくも降りてくる時を楽しみにしています。厳しいことを正直に話されていて好感が持てました。(40代男性)

○私のお気に入りのカフェの店主さんなので、これまでの道のりを聞けてよかったです。私は飲食ではありませんが、1人営業の店をやっているので共感できる部分がたくさんありました。将来的にカフェも考えていたところなので、ナイスタイミングでした。(50代女性)

○店を開業していくイメージがわいた。厳しいこともあるが一生のうちに自分のやりたいことを思い切ってやるということは夢があるなぁ、ワクワクするなぁと思った。(30代女性)

今野輝子さん、お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。

※「8月のライオン」さんでは氷川図書館の出張図書館にご協力いただいています。そちらもよろしくお願いいたします。